So-net無料ブログ作成
検索選択

夢。 [つれづれ]

夢をよく見るほうです。

というか、夢をよく憶えているほうです、が、正しいか。

夢なんか見ないって人も、きっと見てる。憶えていないだけで。
ネットでちょみっと調べると、
人は一晩に合計で2時間くらいはなにかしら脳が動いて
映画一本分の夢のようなものを見ている、との説もあるよう。

浅い眠りと、深い眠りを繰り返す、睡眠。
夢は、浅い眠りに起きる。朝が近づくにつれ、浅い睡眠の時間は増えるから、
寝てすぐより、起きる直前に見る夢は長く、憶えていやすい、ってとこですか。

睡眠リズムは、俗に、1.5時間でしたっけ?

そうか、それでか。
めちゃんこ夢が畳みかけるときは、ほぼ1時間おきに目が覚める。
で、いちおう、トイレに行く。
トイレに行きながら、「いやー、いまの夢は激しかった」、ひとりごちる。
ベッドに戻り、気づくとまた目覚めている。だいたい1時間ちょい後。
再び、いちおうトイレに行きながら、「いやー、さっきの続きだったわ」となる。

なんかね、夢の続きを見るんです。

たとえば、
恋人役の人と、さっきは順調だったけど、次は破局寸前、とか、
さっきはボスだったのが、今度はなぜか争っていて、とか、

ええ!?
トイレに行ってる間になにが起きたんだ!?

参っちゃうなー。
出来れば順調のまま最終的な朝に目覚めたかった・笑。

それで。

ゆうべ、マズいくらい怖い夢で。
ぎゃーともがいてもがいて、指なんかふとんわしづかみで、抵抗しまくり。
抵抗しても無駄ですね、相手は夢なんだから。
いまやってるのは無駄だわ、一番いいのは目を開けることだわ。
妙に静かに脳の一点がふと冷たくなると、目が開いて。

で。

いちおうトイレに行きながら、「戻ってこれたわー」。

なんだか夜中に大騒動ですよ。
戻ったはいいけど、ベッドがちょい怖かったので、香りで気持ちをなだめる。
1488244245797.jpg
オーラソーマというカラーセラピーのプロダクツ、
「セラピスベイ」というルームスプレー。落ち着く。

そんなこんな夢ですが、おもしろいことがあるんですよ。

「せめて夢で逢いたいわー」と想い続けたり、写真を枕の下に入れると、
その人が夢に現れてくれるとかって信じたりする。
まあ、あながちハズレではないと、実体験的には思います。

でも、ですね。

「せめて夢で逢いたいわー」があまりに募ってしまうと、
自分のではなく、相手の夢に乗り込んじゃう場合もあるんですって。

……ふうん!

んじゃ、しょっちゅう夢に出てくる人はすごーくわたしを想ってる?
ありえんな、芸能人だったりするもんな・笑。

うーん、わたしもどなたかの夢にお邪魔してないでしょうか?
ほどほどにするよう注意します・笑。



シェフ。 [つれづれ]

天海祐キさんてめちゃカッコいいですなー。

……突然ですみません。つれづれなる休日。
録り溜めてほうっておいたドラマを見たおしております。

一つ前のクールの連ドラ『シェフ』。天海祐キさん主演。
三ツ星レストランからおん出されて小学校給食を作る話です。
1487395699117.jpg

なんでそこまで意地悪かな!?ってほど
小泉孝太ロウくん演じるレストランオーナーが邪魔してくる。
天海さんは徹底抗戦するわけですが、その半端ない反骨魂に、
めちゃくちゃ勇気づけられるんです。

しかも、ちょー軽やか!これってきっと天海さんだからなんですよね。

視聴率的評価はどうだったか知りませんが、じくじくと悩めるとき見ると、
爽やか~な気分になれる。額の辺りのモヤモヤがすこし晴れる感じです。
巨大な力に押し付けられながらも奮闘する話は下町ロケットなど数ありますが、
そういう骨太感ともちょっと違う。お涙頂戴もギリギリセーフに寸止めで、
泣きのドラマが面倒くさいわたしにはちょうど良かったのかも。
一つ、孝太ロウくんがちょいちょい殴るサンドバッグがなんで金色なのか?
理由を見せて欲しかったなあ。そこだけ消化不良・笑。

で。

ドラマには多くの場合で「イケメン枠」ってのがあるんですね。

主演とバディ、ヒロイン、止め(テロップの最後に来る大物)、若手イケメン。
ドラマの主要キャストパーツです。

でも、「シェフ」にはイケメン枠が見当たらない。

なんでだろ? うーん。

……あ!

天海さんが「イケメン枠」も兼ねているんだ!!

それだ、それ!

おお~。納得。

自信たっぷりな役なのに嫌みがないのは、彼女本来の人柄なのでしょうね。
一度インタビューしたことがあります。
気取らない話し方、大きな身振り手振りは、素でも感じられました。
天海さん大好きな女優さんです。

とはいえ。

わたしがもっとも愛する女優は、沢口靖コさん。

……ほほう!

「意外だねー!」とよく言われます。……そですか?

科捜研の女はシリーズぜんぶ見た、再放送も見る、もはやトリビアレベル。

一方、好きな男優は、前出の小泉孝太ロウくん。

……ええ!?

「これまた意外だよー」と、よくよく言われます。

でも、ですね。

沢口靖コさん、小泉孝太ロウくん、実は共通点があるんです(わたし的な)。

どちらの方にも“育ちの良さ”を感じる、存在そのものが、もう、“上品”。
そこにいてくれさえくれれば(わたし的には)大満足。
孝太ロウくんは過去インタビューしました。あっけらかんと太陽的な好青年。
沢口さんはまだありません。いずれインタビューしたい!と願うばかり。

そいえば。

戸川純嬢も厳格な家に育った素養が薫りますよね、……ね?

いやあ、人間、自分にないものを激しく求めるものですなあ!


戸川純。 [つれづれ]

ああ、嗚呼、嗚呼、嗚呼!

ポチってしまった、戸川純嬢の本。
1486721554925.jpg

彼女(YAPOOS)の歌は「パンクなのか?」と聞かれたことがあります。

ううーん、う……、ごめん、パンクがわからない、と思いました。

戸川純を初めて聞いたのは中学生の時分、ほぼオンタイムと思われます。
当時はまだ「レンタルレコード」の時代で、
友と小遣いを分担し2、3枚を借りたのですが(カセットテープに録音するのです)、
1枚目で「怖いから、もう、いい」と、続きを断られた。

怖いのか。

そうか、怖い、の、か。

ある種、新鮮な情動でした。

そこからは自分一人での地道なファン街道です。

そんな風にして、10代、20代、30代、40代前半まで、常に、
戸川純嬢は、わたしの教祖と呼んでもいい。
何度生まれ変わったって自分以外には絶対になりたくないと思うわたしでも、
電車で好みの美人を見ると、あんな顔に生まれたかったなあと思いますが)、
戸川純嬢の描く“歌詞”の中に生まれ直したいと、何度焦がれたことでしょう。
彼女自体というより、彼女の描く歌詞(と、ときに歌い方)に執拗に憧れ、
ほとんどバイブル(聖典)として生きてきました。

これ、マジ、大げさな話じゃないです。

隠れ熱狂。ほとんど同一化して自分の苦しみから逃れるべく自慰したと言える。

彼女の歌詞を評して「感覚的」と言う人がいるようです。

んな、バカな……!?

あれのどこが感覚的なんだ、徹底的な思考と独自理論と独自倫理の果てではないか、
突き詰めたところの確信犯であり、言葉の恐ろしさを嫌というほど知る人の言葉。

なにか言ってやりたい衝動に駆られますが、まだ拝読していないので黙ります。

近年はライブにも行かなくなりました。いまは必要としていない。
それでも、まま、歌詞の一節を思い出し、望みとは別に救われることも確かです。
“我一介の肉塊なり”。
ギリギリに捨てられるたびに思い出す。そうして徹底的に堕ちるだけ堕ち、
転んでもタダでは起きない根性で復帰する。
生きながら生まれ変われますよと、何某の宗教は言ったりしますが。

ええ、わかっています。

だって、わたし、すでに何度も生きながら生まれ変わってきましたから。

人それぞれに信仰は違う、ただ、わたしの信仰が戸川純嬢だっただけで。

この本、ページを開くのが怖いんですが、それって恍惚の一面なんです、きっと。

で。

同様に、岡村靖幸も、ちょい信仰していると、言っちゃいます。
どうも男子に毛嫌いする人もいるようですが、わたしは完全にラブ。
女々しくて、女々しくて、たまらなく、いい。

うーん。

男は、女々しいとか、雄々しいとか、言ってもらえるのに、
女は、姦しい、くらいしか言ってもらえないのって不公平じゃないですか・笑?



ムツゴロウ。 [つれづれ]

ある晩、ソファにうつぶせで寝そべっていると、
わたしを見る家人の目がひょっと「お!」と、
なにか発見した目になりました。

「あれだね、あれに似てるね、ムツゴロウ」

……もちろん、ムツゴロウさんこと畑正憲さんではありません。

魚のほうです。

泥の中からひょっこり目を出し、ときどきジャンプする、という。

これが、
1485405756815.jpg

これに見えたらしい。
mudskipper[1].jpg

又吉(年一パーマ)とか。
宮川大輔(めがね)とか。
薄田村の住人とか(この1、2年で痩せて薄くなったので)。
いろいろ言われましたが、ついに、ムツゴロウ。

わたしもいよいよ水際の生き物になりました!

……いえ、それだけの話です・爆。



眠り。 [つれづれ]

眠るのが下手です。
ベッドに入ってふとんに包まるのは大好きなのに(実に早寝です・爆)、
眠り自体にはあまり才能がないようで、寝くじったり、中途覚醒したりが日常。
しーかたーがなーいのーでー、導眠剤の助けを借りることもあります。
対照的に家人は人生の半分以上睡眠に費やす、超特大級の睡眠魔。
わたしにない才能をいかんなく発揮するので、羨ましいやら腹立たしいやら・笑。

以前、「眠るのが下手なんですよねー」とFacebookに書いてみたら、
多くの方々にアドバイスをもらいました。
公表の場に書くってわたしとしては最終手段、恥ずかしかったけれど、
寄せていただいたアドバイスは有難く、一つひとつ試してみました。

アロマ、めぐりズム(カモミールジンジャーが好き)、ホットミルク、ヨガ。
窓から月を眺める(これは逆に興奮?するのでほどほどに)などなど。

精神的な救いを求めている、たぶん、そこが納得しないと眠れない。
でも、モノだって、ときには信じていいじゃない。

1484981273777.jpg
ベネクスのリラクゼーションウェア。
ある方に紹介していただき、ちょっとリッチなんだけど、
背に腹は代えられぬで、わたしとしては大人買い。

1484570023817.jpg
抱きまくら……というか、抱かれまくら!?
これが箱で届いたときは「何事!?」なサイズに驚きました。通称・オバQ。
箱から白いつるつるした塊がにょろにょろっと出てきたんだからオバQに違いない!

オバQを使い始めて気づきました、どうもわたし、
眠るときまで体が硬直している。「寝よう!」と意気込みすぎる。
頭だけでなく、カラダのぜんぶをオバQに預ける訓練?中です。
背中が支えられる感覚は、芯からの安心感を誘う。
「胎内回帰」なのかもしれません。抱かれまくら、わたしには正解。

そして。

1485004982987.jpg
豊かな時間。

眠りだけでなく写真も下手ですみません・笑。上からシャンパン
シュワシュワが元気!わーお!

アルコールは覚醒作用があるし酔ったからって眠れるわけじゃない、けれど、
豊かなおしゃべりの時間の心身の記録がうまく働くこともある。
睡眠時間そのものはすくなくても、目覚めたときの満足感が違う。

眠っている間って、神様と打ち合わせしてるんですって。
満足な目覚めは、満足な打ち合わせ結果。
今夜もしっかり眠ってたっぷり打ち合わせしてきまーす。


ノーメイクフルメイク。 [つれづれ]

「まるこさんて、ノーメイクか、フルメイクかですね!」
と、言われます。めちゃくちゃその通りで笑ってしまいました。

普段はほぼノーメイク。というか、いちおう自分なりに、
ファンデーションとチークは施すんですが、パッと見ノーメイクだそう。

で、フラ&タヒチアンのイベントやステージになるとフルメイク。
バッチバチのツケマに、太い眉、真っ赤なルージュ
初めて見ると、知り合いでも一斉に、「え?だれ?」な顔になります。

1484734053166.jpg 1484734114879.jpg
並べてみました。どうでしょう? 同一人物ですかね?
(左は昨年ももクロイベントのタヒチアン使用、右は広島の折り鶴タワーに昇った時)
(タヒチアン使用に「アジア系少数民族だな」と言う人も。なるほどそうきたか!?)

以前のブログ【フラ&タヒチアン】ももクロクリスマスライブ出演も、ご参照を★
そちらにはもっとすごいフルメイクショットを載せてます・爆。

メイクが苦手です。わたしたちの高校時代とかにいまのようなメイク文化はなく、
(あったかもしれませんが、呉の田舎女子高生では知るすべなく)
大学入学やOLのメイクデビューにも乗り遅れました。
興味がなかったわけじゃない。メイク用品がお高くて手が出なかった。
アイシャドーを買うなら、小さな芝居を一つ観に行く選択でした。

「うちのは外出に時間がかかって腹が立つ」なんて愚痴を聞くことがあります。
メイクに時間がかかるのだとか。愛妻家の自慢話。きっと奥様は美人なのです。
思うんですが、メイク時間って、きれいな人のほうが長くかかるんじゃないかしらん。
だってきれいなのだから、もっときれいに念入りにと、やることはいくらでもある。

わたしの場合、メイク嫌いというより、ファンデーションそのものに抵抗を感じる。
いません? こういう人。で、こういうファンデーション嫌いは、たいてい、
ストッキングも嫌いなはず。理由は、……そう。

皮膚呼吸ができないから!

んなわけない!!

本当は、ちゃんときれいにしてみたいと思ってるんですこれでも。

着地。 [つれづれ]

わたしは自分がそこまでスピ系女子(スピリチュアル好き)とは思わないんですが、
ぜんぜん好きじゃないと言えばウソになります・笑。
だいたい、タロットカードを読んでいる時点で……ですし、
月や香り(アロマ)が好きなのも……ですよね。
占いも、主に星占いなんかはわりときちんとチェック・爆。

以前、クリスタルにもハマっていました。クリスタル、つまりパワーストーンです。

もう10年以上経つのかなあ。初めて買ったのがこのスモーキークォーツ。
1484544353875.jpg

別名エンジェルフライ。
スモーキークォーツ特有の“針”が、よくよく見ると天使の羽根のようってことで。
結構ガタイがいいでしょ。これが重くて持ち応えバッチリです。

1484539979473.jpg

ピアスを入れる器には、さざれ石(ちいちゃな粒粒石)。
これ、なかなかいいんですよ。小さな部品がなぜかなくなりにくい。
「あれー、あのピアスどこよー」とガサゴソやると絶対に出てくる。
ちいちゃなもの同士、お互い行方不明にならないよう一まとめで存在しています。

数年前まで、ブレスレット手作りしていました。ご希望の方にも作ってあげた。
でも、いまは、ブレスレットにこだわらなくなった。
着けたいと思わない。

なのに、アンクレットは着ける。これも手作り。
1484539997348.jpg

昨年まで着けていたアンクレットを、えいやっと自然に返し、
(クリスタルは天然ものなので土や川の自然に返すといいって聞きますね)
仕切り直して作り直し。手元に残っていたものを寄せ集め、つなぎました。

意志を持って購入したわけじゃないから、色も、大きさも、実にアンバランス。
瓶の中に一緒くたに入れてあった石を指先で探り、
「なんか、強いのがほしいなー」と目を止めたのが、左端の黒い石、
ブルータイガーアイ(青虎目石)、別名ホークスアイ(鷹目石)。
冷静さを取り戻したいとき、情動的な行動をしすぎるとき、学習・研究するときに、
助けてくれるんですって。

まあ! いまのわたしに必要不可欠・苦笑。おらおら、勉強せい!ってね。
落ち着いて慎重にいけよ!ってね。

左の足首にひとつ、重しをつけて。足の裏をしっかり地球に吸い付けて。

着地。


ミシンこまるこ。 [つれづれ]

チョー久しぶりにミシンを出してきてチョロ縫い。

1483850258731.jpg

カーテンやら、夏用帽子やら、トートバックやらを作った余り布を、
ランチョンマットにしようと、端っこをダダダッと縫うだけですが。

ときどき使わないとミシンも宝の持ち腐れ。

裁縫が得意、というわけでは決してないけど(口が裂けても言えない)、
ほしいものが売ってないなら、作れないか? と発想しがち。

大学時代に所属していた劇研(演劇研究部)では、たいてい衣装部でした。
一度、大量に衣装を縫ったことがあります。
時代物だったので、古着屋で着物を買うか? と話し合いましたが、
どう見積もっても予算がない。10人近い着物は揃わず、しかも衣装替えもある。
だいたい、普通の着物ではつまらない。なんか、こう、変なのがほしい。

こりゃ、作るしかない!

そこで、布屋で安く派手なのを必要最低限のメーター数で買い、
型紙は男性用パジャマ一つから、前開きも、後ろ開きも、女の子用も展開させる。
所詮は芝居衣装、ゲネと本番3日間もてばいい。糸始末なんてテキトーです。

ガンガン縫いました。
その演目でのわたしの役は“謎の女”で、役作りがほとんどいらず・爆、
簡単な殺陣廻りのための肉錬さえやれば、あとは一心不乱にミシンの前。

わたしとミシンが一緒にいる時間があまりに長いため、
部に伝わる古いミシンは、ここへきて初めて「こまるこ」と名付けられました。

「まるこ先輩、舞台部で暗幕縫うんで“こまるこ”貸して」

ミシンはもはや“ミシン”ではなく、“こまるこ”。

……んー、しかし。

わたしのガンガン“こまるこ体制”のせいか、衣装部は、女子には不人気でした。
公演がめぐるたび、どうぞ女子よ衣装部に来てくれ! と願うのですが、
「裁縫嫌いだもーん!」と嫌厭され、「体力ないから舞台部はダメ」な男子が集合。
そんな男子たちに、女子の見せパンツ用の型紙とか、切らせていましたねえ。

1483850244097.jpg

いまはもう“こまるこ”ほどがんばれないけど、こんなの、出来ました。

ね? 端っこ縫っただけでしょ・汗。


道を聞かれる。 [つれづれ]

どうも、わたし、よく道を聞かれます。さっきも聞かれました、「仙川はあっち?」

あのおじいさん、うまく辿りつけているといいなあ。

本当によく聞かれる、近所をテテテと買い物なぞで歩いていると、

「郵便局はどこ?」
「この辺に豆を挽くコーヒー屋があるって聞いたんだけど」
「駅はどっちですか?」
「〇〇行きのバス停は近くにある?」

……などなど枚挙にいとまがないほど(すみません、極端です)。

郵便局はいつも使うので「あー、サンクスの道を降りると楽です」と言えます。
駅も、あっちの駅か、こっちの駅か、だいたい方向は示せます。
けど、仙川は難しい! 普段意識していないので、
改めて説明するとなると、ちょ、ちょっと……。

ここでそれを聞く!? 逆、つーか、まったく明後日のほう来てるよ! と、
とんちんかんなケースもあります。

足を止め、努めてわかりやすく説明を試みます。
しかし、相手はこの場所に不案内なわけで、未知の道にすぐは納得できない。
当たり前です。
で、「ありがとう、行ってみます」とテキトーに去る人はそのまま、
「うーん、わからない、どうしても行きたい」という人にはスマホで地図アプリ。
ただし、お年寄りだとスマホは酷なので、数メートルほどキャディーのように同行。

道を聞かれた究極エピソードは、ロンドンでした。

なんか、大きな公園でしたねぇ。

ロンドン一人旅、わたし自身、大きな公園で遭難しかけておりました。
都会でも遭難することを、上京して初めて代々木公園に迷い込んだ際に体験済みなので、
冷や汗をかきながら「公園の端っこはどこよ!?(つまり、道路に出られる隙間)」と
それはもう必死こいてました。

と。

「あーん、むにゃむにゃ」。

英語で呼び止められ、「ん?」振り向くと金髪の女性。

「むにゃむにゃ、にゃー、トゥルトゥル?」なにか場所を尋ねているようです。

ええッ!?

マジ? 本気? わたし、黒髪めがねの日本人ですけど!!

どう見ても心細い観光客ですよ、一人だし、浮かれていません(迷子中なんですから)。
焦ったわたしは、「アイム・ツーリスト」と言ったのか、
ジャパニーズ!」と叫んだのか、「アイ・ロス・ツー」と言ったか知りませんが、
金髪彼女は「あーん、ふふう」と、手をひらひらさせながら去りました。

背中を見送り、呆然と立ち尽くす。

ここまで来て道を聞かれる!?

悪いことじゃないと思うのですが。

それで一つ思い出しました。

以前、実に道に迷う不動産屋さんに会ったことがあります。
「えーと、……ん? 地図だとこっち? あれ、間違えてました!」
なかなか次の物件に辿りつけない。

「わたし、なんでこの仕事をしているかわからないんですよ」と苦笑される。
一生懸命で、不動産屋さんにありがちな“足元を見る”こともしない。
なんとも親近感と信頼感が湧き、二度、お世話になりました。

親近感の理由は、わたし自身、人と話すのがそれほど得意ではないのに、
インタビュアーをしているからだと思います。

いまでこそ極端な緊張は減りましたが、いまに至るまではずいぶん緊張した。
不必要な緊張です。おまじないで手のひらに書いた「人」の字を飲み込むと、
そのまんま「おえっ」って「人」の字が口から出てくるほどに。

でも、こういうのもいい距離感かな、とも思いました。

道に不案内な不動産屋さん、話ベタなインタビュアー。似た者同士。

得意ではないからこそ、全力です。


年末。 [つれづれ]

年末の掃除、どこから手を付けるか?

漠然と途方に暮れ、まずわたしがしたのはコーヒーを飲むこと。

1483059863543.jpg
お気に入りのイッタラのマグ。この青い獣はなんだろう。

自然界に「青」って、「真っ青」って、ほとんどないんですよね、
わたしが知っているのは「オオイヌノフグリ」くらいかなあ。
thXF2MZLF5.jpg

ちいちゃなかわいい花ですね、子どもの頃に畑や道端でよく見ました。
「オオイヌノフグリ」の「フグリ」って、大きな犬の陰嚢に似てるからだよーと、
ほんまかいな!? 反応に困る情報だよっそれ!?と、子ども心に思ったような、
そうでもないような。

……と、脱線していても掃除は終わらない・泣。

普段から掃除・洗濯はなるべくこまめにやりますが(ということは苦手は料理……)、
せっかくの年末だし、年末っぽい掃除をしたほうがいいのかしらん。
家人は家事をしないので(たぶん、なにをどうしたらいいかわからないだけでしょうけど)
孤独ではありますが、まあ、自分勝手にやっちまえってとも言える。

とりあえず、いつも通りのプロセスを辿り、
いつもは見て見ぬふりの隙間に手を突っ込んでみる。
いろんなカバーを剥して洗濯機に放り込む。
科学の力を借りて風呂にもくもくと防カビ剤を噴霧する。
使いこんだ雑巾は、今日を納めに遠慮なく使ってありがとうのごみ箱へ。
玄関の土間の部分も水拭きするといいそうですよ。本来は毎日(わたしは週一・爆)。
将来、いまより広い玄関の家に住めるようになるんですって。
昔、有名な風水師さん(ユミリーさん)にインタビューしたとき教えてもらいました。

まあ、実際、わたしは昔の家より広いところにいま住めてますね。

最後に、正月飾り。

1483059835118.jpg

なんか、正月っぽくないですか?

今年は本当に長かったー、それだけいろんなことがあった。
え、あれ、今年の話!?というネタがゴロゴロしています。
歳を取ると一年が早いというけれど、歳を取ったぶんの時間のスピード感に、
出来事やそれを消化する心が追いつかないくらい、たっぷりでした。
けれど、すべてに“栄養分”があったことは間違いないと思います。

来年も(は)、丁寧に、地に足の着いたインチキなしの一歩ずつを。
たくさんの大切な人に、たった一人の大事な人に、お逢いできるように生きたいです。

ありがとうございました!そして、新しい年もよろしくお願いいたします!