So-net無料ブログ作成
検索選択
つれづれ ブログトップ
前の10件 | -

新しい環境で。 [つれづれ]

無事にネットがつながりました、よかったー。

段ボールや配置の決まらない物モノでごった返す部屋もキツイけど、
自宅勤務者としては、まず整えたいのがネット環境。
メールや各種サイトが見られないのは仕事に大問題ですから。
まだまだ足の踏み場もない段階からつなごうとがんばったのですが。

げげっ。Wi-Fiの機械がヘンな点滅してる!?

建物に備え付けの回線からつなげば一発だと聞いていたのにどうもヘン。
見たことのない点滅に焦りカスタマーサポートに電話すると、
「それは・・・機械自体が劣化しているかもしれません」と。

ひえっ。

それは月曜に移動した翌日、火曜の出来事で、
その日中にチェックして戻さないとならない原稿がある。
いやー!助けてー!ひぃぃぃー!と、独りで泣いていても仕方がない。
化粧もせず電車に飛び乗り新しい無線機を買いに行きました。
ううーん、引っ越しってのは予期せぬ出費の連続です。

で、新しいのにしたらわりかし一発で(聞いていた通りに)開通。
ちゃんと仕事もできました(ちょっとだけ)。

これでまたつながれます、みな様よろしくお願いいたします!!!

1497489216458.jpg

こんどの見晴らしはこんな感じ。た、高い。こ、怖い。でもきれい。
都会だねー、
高所恐怖症なのでなるべく下を見ないように暮らします・苦笑。

新しい環境で、ここからまたがんばる、いろんなこと。

引越しなど物理的移動は心機一転に腕力的な効果があるそうです。
使うものも、自分も、ただ動いて来ただけで変わらないのだけれど、
環境が変わることで、見えない部分をも変えていけることがある。

先週・今週と、準備から移動、片付けとかなりテンパり、
いまは身も心もくたくたなのですが、新しい環境で新しくがんばる気はまんまん。


満月の引っ越し。 [つれづれ]

今宵は満月。満ちてから減っていく月ということで、
満月を機に減っていく活動をするといいって言いますね。
掃除とか、いらないものを捨てるとか、ダイエットとか。

わたしもせっせと仕事の傍ら、せっせと捨てる、片付ける。
引越し、なんす。

明日の午前中にはネット回線を撤去するので、数日不通になります。
こんどつながるのは新しい場所で、月曜日くらいかなー。下手すると火曜。
こういうとき、自宅の個人作業者は大変です。
だあれも面倒見てくれないから・苦笑、一人で悪戦苦闘。
過去も引越しのたびに一人で設定してきたけど、どうやってたんだろ。
こんどもうまくいくよう、みなさんも祈っててください。

1496968750021.jpg
1496968759857.jpg

デスクまわりはギリギリまで片付けられないから、
先にオーラソーマのボトルたちを詰める。
しばらく浄化をしていなかったから、
セラピスベイという香りのスプレーをひたしたティッシュで拭きつつ、一つずつ。
棚が空になると、あー、引っ越しねーって気分。

1496968726897.jpg

結構色が抜けてる。変化したのはアルケミーボトルっていう。
本来はピンクとかターコイズとかバイオレットとか、
黒に近いディープマゼンタとかだったのに、
ぜーんぶおんなじボトルに見える・苦笑。年季入ってきましたね。

新しい場所でもデスクから見える場所に置きたいけど、置けるかな。

ひとまず。

無事に環境整ったら戻ってきます!ホント、祈っててください!


たんじょうび。 [つれづれ]

1496530375737.jpg

大好きな絵本のひとつ「たんじょうび」。
子どもの頃に読んでいたやつを大人になっても持ち歩いています・笑。

きょう6月4日はわたしのたんじょうび。
いまはまだ朝なので生れてない、生まれるのは13時過ぎ。
「お医者さんの昼休みじゃったんよ、帝王切開で産んだ、15分くらいかねー」。
・・・と、確か母は言っていたような。
開いて縫った母のくちゅくちゅの下腹がなんとも好きです。
泣いて泣いてちっとも寝ない子だったそうです。
一晩中背負ってあやしてふにゅふにゃ寝たかと下ろしたら、また泣く。
「あんたはドラキャラじゃった」
朝方になって泣きつかれるのか、やっと寝たそうです。
母は勤め人だったから辛かっただろーねー・苦笑。

ここまで生きてこられてすごいなあと思います。
いま、呉の勉強をしていると、わがままいっぱいここまで生きてて、
本当にすごいことだとよくわかる。

この歳の抱負はねー、絶対に一つ、言葉を編むこと。呉のこと。
あとはねー、なるべく泣かないで・笑、自分を見失わずインチキせず進むこと。
人と、自分を大事にすること。仲良くすること。
嘘ごごろとか裏ごごろとかはやっぱり嫌いなこと。
新しい世界を恐れない、でも、身のタケはわかっている。
身のタケをちょっとでも成長させる努力をして、そして新しい世界へ行くこと。
感謝すること。喜ぶこと。
フラとタヒチアンがもっと踊れるようになること・笑。

1496482284066.jpg
ちょっと早めに昨夜、家人に祝ってもらいました。
近所のチョーお気に入りダイニング
すごく美味しいの、なんでも美味しいの。
1496486908917.jpg
特大バナナケーキで〆る。
「あれ…奥様一人で食べるんですか?」とマスターに心配されましたが、
はい、お腹おいといたんで、見事に完食。

あ、そっね、無理じゃなくしっかり用意しといて完食する(比喩です)。
これもこの歳の目標にしよう。
みなさま引き続きよろしくお願いいたします。

ラインなりすまし。 [つれづれ]

本日になって、わたしになりすましたラインで、
多くの皆様にご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ありません。
ラインサポートに連絡し、なりすましアカウントは停止措置してもらいました。
これ以上、ご迷惑の無いように切に願っています。

こうして火消しに進めたのは、たくさんのアドバイスのおかげでした。

アンインストールしても、すでに勝手にアカウントを作られているから、
こうなったらライン問い合わせに連絡して凍結してもらうしかないよ、とか、

こんなラインが来てますよって画像付きで教えてくれたり、

ログイン許可をオフにしたらいいよと、とか。

いろいろ教えてもらって本当に助かりました。もう、大丈夫でしょうか・・・?

こんな状態で、新しいアカウントだとしても、
わたしとつながるのは怖いこと、なのに、
多くの方がつながったままアドバイスをくれた。
なんか来てるよって、ライン以外の方法で教えてくれた。
わたしに代わってグループに連絡してくれた。
そのグループに反応してくれた。
信じていただき、本当にありがとうございました。涙、でそー。

お恥ずかしいですが、わたしの危機管理能力の欠如が、問題でした。
落ち着いてよく見ればおかしいことに気づくのに、気づかなかった。

わが身に起きて学んだ、と言えば、ご迷惑をかけた皆様に申し訳ないです。
巻き込んじゃって、本当に・・・。

でも、本当に、ニュースで報道されるようなことが起きるんですね。
「引っかかってバカだねー」と言ってた、猛省。それ、自分のことだった。

皆様もお気を付けくださいね。わたしもいっそう気を付けます。

message_gomennasai[1].png


ライン復帰。 [つれづれ]

このたびは、まさか自分が、という経験でした。
完全にわたしの危機管理能力の欠如です。
ラインが使えなくなり、再インストールを試みました。

現在は、ID検索をしていただける状態です。
つながり直してもいいよ、という方は、ご連絡くださいませ。
わたしのIDをお知らせします。お手数をおかけしてすみません。
こちらからは、電話番号登録では、進めない状態です。
本当にすみません、どうぞ、ご連絡いただけると幸いです。

もらい火をした感じなんですが、火元の子のほうがショックだと思います。
とはいえ、一切疑わず、へいへいとやっちゃった自分のせいですね。
こりゃ、ゆくゆくはオレオレ詐欺に引っかかりますよ、わたし。
良い勉強になったなあと。思います。

再インストールで数名つながり直してもらって、
いまのところ、被害はないみたいです。よろしくです!



どろぼう。 [つれづれ]

しばし日々に忙殺されていました。
さまざまな要件の集中するときは、徹底的に集中する。
フリーランスのサガですね。

むかし、高校生の頃、自分は決して(造作的に)かわいくも美人でもない、
と深く理解し気づいたときがありまして、で、あるなら、
一度話せば離れがたくなるような人になろう、と、
なーんとなく10代の幼心に思ったというか、ほぼ誓ったに近く。
それを、いまの歳になっても「……と、思ったはずだよね」と確認します。
それが、フリーランスに活かされているのであれば、オンの字です。

みな様、ご愛顧賜り、感謝。
一度お使いくださいませ。全力で向かいます。

で。

タイトル

世の中にはいろんな泥棒さんがあるものですね。

時間どろぼう、場所どろぼう、会話どろぼう。

いろんな泥棒さんに、このとこふいに遭遇することが続き、
うーん、自分はそうではないよねと、省みる機会になります。

確信犯的に待たせるのは、確実に「時間どろぼう」ですね。
待ち合わせギリギリなんだから、走れよ、とか、ココロで叫んでしまう。

ファストフード店のテーブル注文無しに堂々と確保するおば様方。
店員もまったく声をかけません。
帰り際には「またのご来店をお待ちしております」と、
言いたくもないマニュアルを述べる姿に、ググッと切なさまで感じるほど。

会話どろぼうはよくあることで、プライベートでも、仕事でも。
ここは本当に、自分を振り返って、そんなことしたくないと決意も新た。

すみません、ちょっとくたびれてますね・苦笑。

1493195324208.jpg
地元、呉の氏神、亀山神社の「肌守り」。

肌守りというくらいだから肌につけておくのが本来なのだけど、
わたしゃ、腹巻をしていないんで・笑、デスクのすぐ近くに掲げて。
命綱、って感じですか。

もうひと踏ん張り、がんばります!

あー。

タイトルとぜんぜん空気感違う筆ですねえ。まあ。
こんな日もあります。

あしたは晴れるでしょう!



そりゃないぜ。 [つれづれ]

最近遭遇した街中の「そりゃないぜ」。

電車内で化粧をする女性はこのところフツーになりつつありますが
(マジで!?)これは、ないぜ。
_IGP7066[1] (2).jpg
写真はイメージです)車内で前髪カーラー。

ひえー。驚いた。そこまでやっちゃう時代、いま?

車内化粧は若い女性の特権ではなく、同年代以上と思しき
おば様方にも多くなりましたね、くわばら、くわばら。

また、先日駅のトイレ(改札外の百貨店地下あたり)で
個室がひとつ開いているのにやけに列ができているから、
「あそこは(開いてるけど行かないの)?」と先頭の子に聞いたら、
トイレットペーパーがないんで」。スマホに戻る。

おいおい。

「和式なんで」とスマホに眼を戻す子は多いけど、ペーパーでも?
「隣が開いたらペーパーないか聞いてみましょう?」と言っても、
知らんぷりされてしまったので、ひょー、はずかしーなーと思いつつ、
自分の番で、自分が入るトイレのペーパーを後列の人に分け合った。
後列はおば様が多かったんで「助かるわ」とやり合えた感じ。

用が済んで(生理的現象を果たしたのち)、洗面台周囲も見たけど予備はない。

まずいなー、次の人が困るでしょ。

しかし。

そこで親切心を出したのが裏目?に出ました。
トイレ近くの従業員ドアをノックしてたまたま出てきた若い子に、
「トイレットペーパーが切れてるみたい、補充できますか?」と聞いたら。

「あ、わたしに聞かれても困ります」。

スタスタ去る。

げー!マジで!?

ううーん、どうしたらいいんだ?

親切心って加減が難しいですね。

結局、あのトイレがどうなったかわかりません。わたしもそこまでやれなかった。

若い人に限らないけど、マナー以前のなにかの崩壊を目の当たりにします。

新幹線の最後列に置いた自分のスーツケース
カーブのたびにゴロゴロ動いても知らんぷり、指摘されても「あ」と言うだけ。
巨大なリュックサックで振り返って後ろのおばあさんを張り倒しても「あ」。

うーん。そりゃないなー。

人のふり見て我がふり直せで、自分を省みます。それとも。

わたしがオバサンになっただけ?




当たり屋。 [つれづれ]

先日、あやうく当たり屋になるところでした。

取材先に向かう赤坂あたり、よくある、歩道と車道があいまいな道路。
片方だけこっちが歩道ですよ、いちおう、な、白線はあったと思いますが。

初めに言っておくと、悪いのは完全にわたしです。

初めての場所のためスマホの地図を見い見い、
そこに担当者さんからのメールも入り、慌てて返信作業。
手元を見い見い、あいまいな車道側を歩いていたのは、わたし。
わたしが完全に悪いのです。

そこへ、ぐいん!!

黒塗り高級車がツッコんできた……!

うう、わぁお!

手元と道を見比べ歩くわたしのスレスレ真ん前。

ぐいん!とツッコんできて、ういん!とハンドル切って、
きゅー!と去っていっちゃった。

こえー!!!

さっきまで要人を乗せていたんじゃないかってチョー高級黒塗りです。
後続2台ほどあったような気もしますが、ツッコんできたのは先頭車だけ。
人間ってすごいですね、運転席の顔をわたしは見た。
薄いサングラスの丸い頭の50歳代と思われるおじさん
完全に怒っていた。たぶん、わたしに。

「……んにゃろ、スマホ見てんじゃねえよ、轢いたるぞ!」の声がする。

あまりに唐突で危険な出来事に、そばを歩いていた若い男性も、
びっくり眼でわたしを見やる、「え?いまのこわっ!」と眼が語っている。

あと数センチで接触していたら、わたし、当たり屋デビューになってた。

(改めて)こ、こえー!!!

そうとう虫の居所が悪かったんだと思います。悪いのはわたし。
スマホ歩き、絶対にダメですよ。いつ轢かれてあの世に送られるかわからない。
すくなくなとも、あそこで当たり屋になってたら取材に遅れてた。
それ、絶対マズいでしょ!

反省しました。スマホ歩き、ダメ。撲滅!

怒られて(今回の場合はほぼ脅されて)学びますね、人間て。

以前、自転車の左走行がなかなか憶えられずしょっちゅう平気で右走行し、
「くぉらぁぁぁ!自転車はあっちじゃぁぁぁ!」と幾度となく怒られた。
真正面にツッコんでこられて「あっちいけ!」と怒鳴られたこともある。
だから、いまでは絶対にルールを外さないし、外す人に憤りを覚える。
とある雨降りの日、
ルール違反丸出しの傘さし、歩道を逆走(加えて暴走)の自転車がツッコんできて
「あぶない!」と言われたときは、「あぶないんは、あんたじゃ!」と……。

ココロで叫びました・苦笑。

1489541253331.jpg
道路にこういうペイントがあったら、自転車、ここですからね。

わたしも気をつけます。みなさんも気をつけて!

月齢。 [つれづれ]

自分の生まれた日の月齢を調べるサイトがあるんです。
http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm
これで調べると、わたしの生まれた日は、新月。
だからどうって話ではないんだけれど、ちょっとうれしい。

占星術の自分のホロスコープを見ると、太陽と月が双子座に重なって入っている。
占星術の星座は、ホロスコープの太陽がどの星座の枠に入っているかで決まる
(…というか〇〇座だよって言われることになる)ので、わたしは双子座。
同時に月もそこにいるから、
裏表がないとか、嘘が付けないとか、良くも悪くも診断されます。

太陽と月が重なっているのかー、へー、と思って、
生まれた日の月齢は新月か、へー、と思って、あ、そうか。
太陽と月が重なっているんだから、そりゃ、新月だよね・笑。

日本には月の風流な名前がいろいろありますね。
新月が0歳で、満月がフル(約29)歳かと勘違いするけど、
満月は半分のところだから約15歳。「十五夜お月さん」。
満月を過ぎると月の出がすこしずつ遅くなって、
「十六夜」いざよいとは、いざよう=ためらう感じを表現する言葉だとか。
17日目は、まだかなあ?と立って待つから「立待月(たちまちづき)」。
18日目は、立つのは待ちくたびれて座って待つから「居待月(いまちづき)」。
19日目は、それも待てないで床に入っちゃうから「寝待月(ねまちづき)」。

1489012709694.jpg
これはいつかの三日月……うーん、5歳くらい?

満月もいいけど、新月もいい。
まっくらで見えないけれど、そこにある、って感じ。
満月もゾクゾクするけど、新月もゾワゾワする。
ちなみに今月はもうじち満月です、12日日曜くらいかな。

夜空が晴れるといいですね。


ファーストシューズ。 [つれづれ]

このところ一般の方の「お宅訪問」なライター仕事してました。
こだわりの一戸建てに住むご家族を訪ね、話を聞く。
同世代以下の比較的若いご夫婦で、たいがい、お子さんがいる。
生まれたてのうぶうぶちゃんから、もうじき就職までさまざま。
見事に七五三な三人兄弟の家族もあって、んまあ、そりゃにぎやか!

チビちゃんたちのいる家では、話を聞くのが大変です・苦笑。
こどもってどうしてああもじっとしていないんでしょう・笑。
「ダメよ」「こらっ」とママやパパに注意されてもヘイチャラ。
全身で全力に生きてる感じ。
ひざに座られたり、手を握られたり、取材ついでに子どもに触る。

くんくん。

子どもって子どもの匂いがするー。大人とは絶対的に違うー。
新鮮な、劣化してない、はち切れんばかりの細胞の匂いだ、これ。

わたしは残念ながら子の持てない人生でした。
なので、本当に残念ながら、こどもの接し方がいまひとつわからない。
姉に息子がふたりいるので多少は触れ合うことが出来たけど、
所詮は遠くに住む都合のいいオバちゃん。
こっちの都合のいいときに、あっちの都合のいいように接する。
それでも、どうしてこうも愛しいんだろうってくらい大好きになった。
いまではふたりともすっかり社会人
次に会うのはどちらかの結婚式なのかしらん? ・・・マジで!?

子の持てない人生になるなってことを受け入れるのは大変だった。
内心ですごく抵抗したし、自分じゃないヨソの人の話だと思おうとした。
でも、現実は、現実。受け入れるしかない。そんなとき、

「まあ、世の中には子どもがようけおるんじゃけ。ええんよね」と。

(ようけ=呉弁で“たくさん”の意味)
母の言葉で、「しょーがないかー」と、ちょっと認めることが出来た、と思う。
もはや母は自分がそんなことを言ったことも忘れているようだけど・苦笑。

子を産んだり育てたりはできなかったけど、“物語”を生んだり育てたりはできる。
やったことがないお互いでも、相手の立場を想像することはできる。
そうなれる心を自分に育てる。
同じ風景に、立つ。

……なんだか今日はちょっとセンチメンタルだねぇ。
まあ、こんな日もあります・笑。

1488692912447.jpg
子どもが生まれたら履かせようと大事にしてきたファーストシューズ
“人間の子”には履かせられなくなったけど、“物語の子”には履かせられる。
ココロを尽くして書く物語の子に履かせられるようがんばろうっと。


前の10件 | - つれづれ ブログトップ