So-net無料ブログ作成
検索選択

難しい人。 [ライター仕事]

先ほど取材帰りに「インタビュー難しくなかったですか?」と聞かれました。

え。

難しそうに見えてましたか。
「やれやれ今日の人は難しかったなあ」とは、露とも思っていなかったんだけど、
わたしの聞き方がイケてなかったのかなあと反省しました。

このたびの取材相手(役者さん)はちょうど舞台稽古期間のまっただ中で、
役作りに模索されているため、出てくる言葉の種類がすくなかった。
そういうタイミングだったということ。

インタビューが難しい人、という感想は、この仕事をしているとままあります。

多くを語らない、極めて物静か、失礼な質問に不機嫌になる、など。
失礼な質問はダメでしょう。でも、どんな風に失礼なのかにはいろいろあって、
わたしもいつも緊張と反省を繰り返します。
インタビューに際してもっとも意識するのは「わたしの準備は足りているか?」
その人について、その作品について、脚本や演出家、共演者について、
毎回が初めてのものを扱うに等しい準備ですから、ワラワラのドキドキ。
すこしずつ蓄積できるものもあるけれど、そこにあぐらをかいては痛い目を見る。

お互いに仕事とはいえ、人間だから、バイオリズムや相性もある。
「あなたにそれを教えたくない」とか「知らないの?」とか言われたし、
撮影の角度の都合だったと思うけど、たまたまお相手より上座に座ったことで、
「失礼である!」とあとから叱られたこともあります。

えーん。

思い出しただけでメゲちゃう。

……うんにゃ、教えてもらったと受け取って肥やしにしないと。

反対に、リップサービスの素晴らしい方もあります。
現場では非常に盛り上がるけれど、あとで原稿にしようとしたら、
他紙と大差ない内容になって、「うーん」とうなることもしばしば。
とても生意気ですが、紋切り型の言葉が出始めたら要注意。
そこからどうツッコむか、自分の背負う媒体独自のものが拾えるか、
最高潮の緊張の中で賭けに出る!……これが、へたくそ!

とほほ。日々が精進ですわねえ。

インタビューで恐れられるのは、沈黙です。

たった、3秒、5秒。
インタビュー中の3秒5秒はとてつもなく長く、ひたひたと恐ろしい時間です。
あ、怒った? ……え、マズい? なにが怒らせた? みたいに追い詰められる。
でも、普段の自分の会話を考えても、5秒の沈黙なんてよくある。

待とう。

待ちたい。

お相手はきっと考えてくれている。

あれが正解だったかはわかりませんが、わたしが初めて沈黙に耐えたのは、
カセリョーさんでした。10秒ほどの沈黙ののちに言葉を出してくれた。
待ってよかったと思いました。ありがとうございましたと心から思った。

以来、沈黙をいかに心地よくするか? にココロを尽くすようになりました。
(お相手によって。しゃべることがないから単に黙るケースもあるので、
そういう場合は、素早く話題(質問)を提供すべし!きゃー!)

で、これって、芸能人・有名人ではない、一般の方々のインタビューでよく起きるんです。
取材され慣れていないからでしょう。
そんなとき、「インタビュー」ではなく「会話」であることを全面に出す。
話したくなる空気感づくりがとっても大切。

はー。何度やっても、毎回が初めて。

はー。

でもですね、わたし、難しい人、好きです。
想いを聞き取ろうと全身が耳になる。あ、なんかいまの言葉、本心みたい!とか、
あ、やっと目が合った!とか、男性の場合は一人称が変わる(僕が、一瞬、俺)とか。
わたしとお相手だけの蜜月の瞬間を夢見て・笑。

すこしずつ近づく。

もちろん。

イコール、上手にインタビュー出来てるとは言えないけれど・爆。
常に、緊張に火照った蒸気でめがねが曇るし、お相手にも気づかれてるし・苦笑。

1485845651589.jpg 
写真は今日とは違う日のです。!

かもしーだより。 [手紙]

最近のわたしの月2のお楽しみが、この『かもしーだより』。

1485386104043.jpg

生協配達の“かもしー”くんの手作りお便りです。

生協の配達担当者って意外としょっちゅう変わっちゃうんですが、
かもしーは昨年夏あたりからの担当。週1か、2週1のペースで、
手作りお便りを持ってきます。

たぶん、以前の担当者もそれなりにお便り作ってたんでしょうが
(今週のおすすめとか宣伝・営業の義務もありますからね)目に留まらなかった。
かもしーになってから、やたら楽しみになりまして。

というのも。

ずいぶんと中身がぶっちゃけなのです!

かもしーは昨年秋に結婚。「結婚しました」報告もかもしーだよりに書いちゃう。
その前から、「引っ越しが大変」「友だちの子どもがなつかなくなった」など、
なんだろー、なんか引っかかる記事だねーと思っていたら、案の定、
自分が結婚するからならではの観点だったというわけ。
さらに、結婚直後は、「帰宅する家に灯りがともる喜び」なんかがつづられましたが、
最近は、「奥さんと自分のルールが違って大変」な話題に発展。

おもしれえ!!

もう毎回がワクワクです。翌週、「かもしー、あれ、どうなった?」と聞いてやるんです。
すると、かもしー、「……もう、大変っす」。

おもしれえ!おもしれえ!!

決してうまいとは言えない字で直筆しているのも魅力です。
スペースに書き切れないと「→矢印」でヘリのほうに引っ張ってまでオチをつける。
毎回がんばって絵も描いてくる。

うーん、すごい。ちょっとジェラシー・笑。

わたしもこんな風にイキイキと書きたいわあ!

「お便りファンなんだよ、がんばって、いちおうプロだから」と告げてから、
「こないだのどうでした?」ってかもしーの目が暗に聞いてくる感じもおもしれえ。

ジェラシー!

ここまでファンだってことは知らないと思うけど・笑。

手紙、書いてみませんか?
いまの思い、きのう(過去)の思い、あした(未来)の思い。

かもしーに負けないぞ!
手紙や自分史のお手伝い、代筆、ココロ尽くしていきます!


ムツゴロウ。 [つれづれ]

ある晩、ソファにうつぶせで寝そべっていると、
わたしを見る家人の目がひょっと「お!」と、
なにか発見した目になりました。

「あれだね、あれに似てるね、ムツゴロウ」

……もちろん、ムツゴロウさんこと畑正憲さんではありません。

魚のほうです。

泥の中からひょっこり目を出し、ときどきジャンプする、という。

これが、
1485405756815.jpg

これに見えたらしい。
mudskipper[1].jpg

又吉(年一パーマ)とか。
宮川大輔(めがね)とか。
薄田村の住人とか(この1、2年で痩せて薄くなったので)。
いろいろ言われましたが、ついに、ムツゴロウ。

わたしもいよいよ水際の生き物になりました!

……いえ、それだけの話です・爆。



お菓子。 [手紙]

以前のブログ【代筆関連】「添削」で書きましたが、
文章教室を開いておられるある出版社さんの大先輩編集長に
添削のお返事をいただいた際、その文中で勧めてもらった、
西村滋著『お菓子放浪記』。

とてもとても滋味にあふれた、久しぶりに「読み終わりたくない」と思う本でした。
1484808126262.jpg

タイトルからすると、「お菓子大好きな著者のお菓子にまつわるあれこれ」と
想像しますが、そんな簡単?なものじゃない。
第二次世界大戦をはさむ時代、「ミナシゴ」の著者が、
なぜ、どんな風に、お菓子に憧れ、失望し、また愛したか。
これが現実であるとすれば(確かな現実なのですが)、いまには考えられない、
果てしなく壮絶な生き様とココロの変化が、手に触れそうな表現でつづられ、
行間もページもはみ出し、いまにもこぼれてきそうなのです。

時代的にも、地元・呉のかつてを勉強しているわたしにはぴったりすぎる。
きっと、そうしたわたしの思いを汲んで、編集長さんは勧めてくれたのです。

お菓子。

その美しき魅惑的な甘い存在。

確固たる、やさしい存在。

最近のわたしのお菓子といえば、ラムネ
口に放り込むとシュルシュル溶けるラムネはせっかちなわたしのためにあるみたい。
次から次に頬ばるけどちっとも腹は膨れない。パクパクな呼吸にすこし味を添える。

「お菓子のような人になりなさい」

この解釈は、きっと、読む人、生きる人、それぞれなのです。
わたしはお菓子になれるかなあ。どんなお菓子になれるかなあ。

食べてみたいって思われるお菓子になりたいなあ。


知る。 [呉]

1485053712459.jpg

この正月から始めた地元・呉の勉強
第一弾として「呉市制100周年記念版 呉の歴史」やっとこ読了。

知る、とは、こういうことなんだなあ。

呉市役所・市史編さんの方に「すくなくとも江戸後期から」と言われましたが、
せっかくなので旧石器時代から始めました。
「丸子山古墳」とか出てきて、ありゃ、もしかしてわが家のルーツ?なんて。
どうやら呉は、遣唐使の時代にも造船の実績があるようです。

また、呉(くれ)の由来は、おおかたの説として、
「呉市の周辺は九つの峰で囲まれているため、これを呉(九嶺)としてあやかり」ですが、
造船用材の「榑(くれ)」という木材が名産だったから、という説もこの本で知りました。

ずいぶん分厚いので最初はどーなることやら?だったけど、読んでみると、
非常に客観的な史実・事実・数字を重ねた、「ざっくり」としたもの。
「これはあとから詳しく調べんといかんな」な気になる点をメモしながら、
受験勉強を思い出す!)時の流れを追っていく。

すこしずつ、すこしずつ、知っていく。すると、
何度もページを開いて見ていたはずなのに、ちっとも実感がなかった、たとえば、
「大和ミュージアム」公式ガイドブックに書かれていた事柄や名前に、
「ああ、そういうことか!」
初めて、そこに、“意味”や“実体”が生まれた。

もう、見ず知らずの言葉じゃない。字面だけの言葉じゃない。
カタチと温度を持って、そこに存在するものになっていく。

これが、知る、ということなんだなあ、と。

プロのスピ系友人に言わせると、
「まるこさんは双子座だから知るのが大事」なんだそう。

知らないことが、わたしをもっとも不安に陥れる。

うん、確かにそういうとこ、あるかも。

もちろん、知らなくていいこともたくさんある。でも、わたしの場合、
「それはこういう理由で知らないでいたい」と、ちゃんとした裏付けがある。
無意識に知らないのではなく、意識的に知らない、ということ。
やっぱり、わたしにとって“知る”は、大事なファクターなのでしょう。

ただ、やみくもに“知る”が目的じゃない。“知る”ための“知る”ではない。
“知る”から感じること、見えてくるもの、それまでの様相を変えるもの。
ゲシュタルトの転換が、わたしを新しい場所へと連れていく。

よし。

呉の勉強第ニ弾は、「戦艦大和」付近です。
あー、艦艇をずらりと並べた図鑑とかほしくなるっ!!

最終的には人々の想いへと入っていきたい、同じ風景に立ちたい、だからこそ、
まずは事実を事実として受け止め、“知る”を重ねていきます。

眠り。 [つれづれ]

眠るのが下手です。
ベッドに入ってふとんに包まるのは大好きなのに(実に早寝です・爆)、
眠り自体にはあまり才能がないようで、寝くじったり、中途覚醒したりが日常。
しーかたーがなーいのーでー、導眠剤の助けを借りることもあります。
対照的に家人は人生の半分以上睡眠に費やす、超特大級の睡眠魔。
わたしにない才能をいかんなく発揮するので、羨ましいやら腹立たしいやら・笑。

以前、「眠るのが下手なんですよねー」とFacebookに書いてみたら、
多くの方々にアドバイスをもらいました。
公表の場に書くってわたしとしては最終手段、恥ずかしかったけれど、
寄せていただいたアドバイスは有難く、一つひとつ試してみました。

アロマ、めぐりズム(カモミールジンジャーが好き)、ホットミルク、ヨガ。
窓から月を眺める(これは逆に興奮?するのでほどほどに)などなど。

精神的な救いを求めている、たぶん、そこが納得しないと眠れない。
でも、モノだって、ときには信じていいじゃない。

1484981273777.jpg
ベネクスのリラクゼーションウェア。
ある方に紹介していただき、ちょっとリッチなんだけど、
背に腹は代えられぬで、わたしとしては大人買い。

1484570023817.jpg
抱きまくら……というか、抱かれまくら!?
これが箱で届いたときは「何事!?」なサイズに驚きました。通称・オバQ。
箱から白いつるつるした塊がにょろにょろっと出てきたんだからオバQに違いない!

オバQを使い始めて気づきました、どうもわたし、
眠るときまで体が硬直している。「寝よう!」と意気込みすぎる。
頭だけでなく、カラダのぜんぶをオバQに預ける訓練?中です。
背中が支えられる感覚は、芯からの安心感を誘う。
「胎内回帰」なのかもしれません。抱かれまくら、わたしには正解。

そして。

1485004982987.jpg
豊かな時間。

眠りだけでなく写真も下手ですみません・笑。上からシャンパン
シュワシュワが元気!わーお!

アルコールは覚醒作用があるし酔ったからって眠れるわけじゃない、けれど、
豊かなおしゃべりの時間の心身の記録がうまく働くこともある。
睡眠時間そのものはすくなくても、目覚めたときの満足感が違う。

眠っている間って、神様と打ち合わせしてるんですって。
満足な目覚めは、満足な打ち合わせ結果。
今夜もしっかり眠ってたっぷり打ち合わせしてきまーす。


ノーメイクフルメイク。 [つれづれ]

「まるこさんて、ノーメイクか、フルメイクかですね!」
と、言われます。めちゃくちゃその通りで笑ってしまいました。

普段はほぼノーメイク。というか、いちおう自分なりに、
ファンデーションとチークは施すんですが、パッと見ノーメイクだそう。

で、フラ&タヒチアンのイベントやステージになるとフルメイク。
バッチバチのツケマに、太い眉、真っ赤なルージュ
初めて見ると、知り合いでも一斉に、「え?だれ?」な顔になります。

1484734053166.jpg 1484734114879.jpg
並べてみました。どうでしょう? 同一人物ですかね?
(左は昨年ももクロイベントのタヒチアン使用、右は広島の折り鶴タワーに昇った時)
(タヒチアン使用に「アジア系少数民族だな」と言う人も。なるほどそうきたか!?)

以前のブログ【フラ&タヒチアン】ももクロクリスマスライブ出演も、ご参照を★
そちらにはもっとすごいフルメイクショットを載せてます・爆。

メイクが苦手です。わたしたちの高校時代とかにいまのようなメイク文化はなく、
(あったかもしれませんが、呉の田舎女子高生では知るすべなく)
大学入学やOLのメイクデビューにも乗り遅れました。
興味がなかったわけじゃない。メイク用品がお高くて手が出なかった。
アイシャドーを買うなら、小さな芝居を一つ観に行く選択でした。

「うちのは外出に時間がかかって腹が立つ」なんて愚痴を聞くことがあります。
メイクに時間がかかるのだとか。愛妻家の自慢話。きっと奥様は美人なのです。
思うんですが、メイク時間って、きれいな人のほうが長くかかるんじゃないかしらん。
だってきれいなのだから、もっときれいに念入りにと、やることはいくらでもある。

わたしの場合、メイク嫌いというより、ファンデーションそのものに抵抗を感じる。
いません? こういう人。で、こういうファンデーション嫌いは、たいてい、
ストッキングも嫌いなはず。理由は、……そう。

皮膚呼吸ができないから!

んなわけない!!

本当は、ちゃんときれいにしてみたいと思ってるんですこれでも。

デス(死神)。 [タロット]

自分はスピ系じゃない、と言った舌の根も乾かぬうちですが。タロットの話。

タロットを習ってから10年近く経ちました。
初めからタロットに興味があったわけではなく、最初は、
「オーラソーマ」というイギリスで誕生したカラーセラピーから入りました。

1484716728364.jpg

うちのボトルたち。上下二層に分かれているのが特徴。
上が表層心理、下が無意識のエリア、ということですね。
日焼けか、劣化か、ケミストリーか、ずいぶん色が変わったボトルもいます。
アルケミーボトルと呼ばれます、錬金術的変化があった、ってなとこです。

いちおう、人を見て差し上げられるところまで勉強したんですが、
いまは、オーラソーマはやってません。……なんか、わたしには定着しなかった。
当時、オーラソーマを主とするカラー、風水、クリスタル、数秘、レイキと、
それ系の全体的底上げってことでザザッと学びました。
タロットも、はじめは、オーラソーマを理解するためのものでもあった。

いまとなっては、わたしに残っているのは、その、
予備知識として始めたタロットだけ。人間っておもしろいなあ。

なんかね、距離感がいいんですよね。

直感がものをいうのではなく、視覚的メッセージがしっかりしている、知識的である、
論理的であり、同時に想像力が広がるなど、タロットの魅力は深く非常に技術的です。

このところ、『デス(死神)』がよく出ます。
1484716331670.jpg

簡単に言うと、「わかっちゃいるけど、やめられないっ、あっ、こりゃ」。
……ずいぶんハイテンションに訳すと・汗。

タロットで『デス(死神)』が来ると、「怖い~」なんて言われます。
間違ってます、ぜんぜん怖くはないです、怖く、は。
怖くないけど、大変ではありますね。わかっているのにやめられないんだから。
でも、「古いものから自由になる」チャンスなんです。

似て非なるものに『タワー(塔)』。これ。
1484716318718.jpg

すごいですね!大迫力!ガオー!!
『タワー(塔)』も「怖い~」と言われるけど、いっそせいせいする。

うーん、たとえば。知人でこんな例が過去にありました。

彼女は、生まれたての赤ちゃんを抱っこするのが怖くてずっと避けてきました。
しかし、親しい人に生まれてどうしても触ってみたくて思い切って抱っこしたら、
抱っこ恐怖から、いきなり、赤ちゃん抱っこの名人になったんです。

彼女に『タワー(塔)』が起きたんだな、と、そばで見ていて感じました。
抱っこは怖い、という彼女の中の定説がガラガラ崩れ落ちた。
崩れ落ちるのは怖い、けど、崩れ落ちるのを許したから、新しい自分がやって来た。

もし、彼女が思い切らなかったら、『デス(死神)』だったでしょう。
抱っこは怖くないよ、大丈夫だよ、と言われて「わかっちゃいるけど」、
抱っこは怖いという定説を「やめられない、あ、こりゃ」のまま、だから。

『デス(死神)』が嫌いなじゃないんで、誤解なきよう。
「やっぱりねえ!」とむちゃくちゃ納得させられるカードです。

手放す恐怖のプロセスをくぐっているところ。
恐怖は、それ自体が怖いのではなく、恐怖から逃げることで起きてしまうこと、あるいは、
逃げたことでなにも起きなかったことが、本当の恐怖。

『デス(死神)』なのに、このカードを見ると、
生きているんだねえ、わたし!と実感する次第。

着地。 [つれづれ]

わたしは自分がそこまでスピ系女子(スピリチュアル好き)とは思わないんですが、
ぜんぜん好きじゃないと言えばウソになります・笑。
だいたい、タロットカードを読んでいる時点で……ですし、
月や香り(アロマ)が好きなのも……ですよね。
占いも、主に星占いなんかはわりときちんとチェック・爆。

以前、クリスタルにもハマっていました。クリスタル、つまりパワーストーンです。

もう10年以上経つのかなあ。初めて買ったのがこのスモーキークォーツ。
1484544353875.jpg

別名エンジェルフライ。
スモーキークォーツ特有の“針”が、よくよく見ると天使の羽根のようってことで。
結構ガタイがいいでしょ。これが重くて持ち応えバッチリです。

1484539979473.jpg

ピアスを入れる器には、さざれ石(ちいちゃな粒粒石)。
これ、なかなかいいんですよ。小さな部品がなぜかなくなりにくい。
「あれー、あのピアスどこよー」とガサゴソやると絶対に出てくる。
ちいちゃなもの同士、お互い行方不明にならないよう一まとめで存在しています。

数年前まで、ブレスレット手作りしていました。ご希望の方にも作ってあげた。
でも、いまは、ブレスレットにこだわらなくなった。
着けたいと思わない。

なのに、アンクレットは着ける。これも手作り。
1484539997348.jpg

昨年まで着けていたアンクレットを、えいやっと自然に返し、
(クリスタルは天然ものなので土や川の自然に返すといいって聞きますね)
仕切り直して作り直し。手元に残っていたものを寄せ集め、つなぎました。

意志を持って購入したわけじゃないから、色も、大きさも、実にアンバランス。
瓶の中に一緒くたに入れてあった石を指先で探り、
「なんか、強いのがほしいなー」と目を止めたのが、左端の黒い石、
ブルータイガーアイ(青虎目石)、別名ホークスアイ(鷹目石)。
冷静さを取り戻したいとき、情動的な行動をしすぎるとき、学習・研究するときに、
助けてくれるんですって。

まあ! いまのわたしに必要不可欠・苦笑。おらおら、勉強せい!ってね。
落ち着いて慎重にいけよ!ってね。

左の足首にひとつ、重しをつけて。足の裏をしっかり地球に吸い付けて。

着地。


告白。 [呉]

いま、映画『この世界の片隅に』が大評判です。

1484180332862.jpg

原作はこれ。こうの史代さんの漫画。初版は2008年。

広島と呉を舞台に戦争時代の暮らしを丁寧に描いたものですが、
わたしはまったく漫画の存在を知りませんでした。
昨年、戦艦大和の潜水調査が行われたニュースを聞いて話題にしたら、
呉つながりで、同郷の幼なじみが教えてくれました。

ちょうど、生まれ故郷の呉へと執着が湧き始めたころだったので、びっくりしました。

すぐに購入して拝読。わたしは物語に入ってしまう、いわゆる、
パラレルワールド作りが(自分でいうのもヘンですが)非常に激しいので、
読み終わっても物語世界からなかなか出られず難儀しました。
主人公の「すず」もですが、夫の「周作」、映画ではほとんどカットされている
遊郭の「リン」にことのほか思い入れが強く、いろんな意味で切なくて仕方なかった。

映画は、こだわって呉で観ました。
(以前のブログ【呉】をご参照ください★)

この波に勝手に乗っけていただき、いま、わたしが、
呉に執着するのは間違いじゃないよね? と。何度も気を引き締め直して。

「呉を知りたい」

ただ言っているだけではダメ。動かなければ。
チャンスもご縁も自分で獲りに行かなければいけない、本当に欲しいものなら。

それで、昨年秋、市役所のそういう感じのものを扱ってそうな部署に飛び込みました。
たまたま窓口近くにいた職員さんに「教えてくれる人を紹介してほしい」と懇願。
彼は本当に災難です・汗。
ただ、そこにいてわたしに捕まったがゆえに、今年の正月4日から相手をする羽目になり、
自分の上司、市史編さん部、大和ミュージアム職員と、
計5名の方を紹介していただきました。

でも。

以前のブログ【呉】でも書いたように、わたしはあまりに無知だった。
呉の盛衰を史実ではなく、人々の思いの視点でつづりたい欲望が強すぎ、
情熱が先走り、なにも見えていなかった。

すこし前まで泣けなくて困っていたのに、年末あたりからおんおん泣くようになり、
上司の方に自分の意思を説明する会議室でも感極まって涙ぐむほど。
そして、言われてしまったんです。

「泣いてないで、客観的に知りなさい」と。

まずはそこが入口。「当時の人々と同じ風景に立てるようになりなさい」

怖くて、恥ずかしくて、穴があったら入りたいとは、このことでした。

なぜか私は「呉」に執着し、「広島」には気が向かなかった。
広島県外の方は不思議に思うかもしれないけど、呉人にはそういうとこがあるような気がする。
しかし、呉を語るには「ヒロシマ」を知らねばならない。

前出、こうの史代さんの『夕凪の街 桜の国』を読みました。
1484128984608.jpg

上司の方に言われた中身が、ハッキリ、わかった。
わたし、戦争を越えた人々がいまに命をつないで生き続けられた理由を、
(ごくごく個人的な感想がわたしは欲しいのです)知りたいと言ったのですが、
それは、本当に、空恐ろしい、不躾にも不感症にもほどがある質問だったのです。

反面。

いまのわたしたちが、どうしても知らねばならないことだとも、確信しています。

正直、心で小さな反発を抱いていました。
まだ始めたばかりなのにそこまで言わなくても……ひどい、って。
いやいや、バカなのはわたし。むしろ恩人になる人。

東京の繁華街のコーヒーショップで、読み終わった時、隣の、
不機嫌そうな顔でクッキーをつまみながら携帯をいじり、
不器用に足を組んでピンヒールのかかとを突き出している若い女性に、
なんの脈絡もなくイラつきました。

たぶん、それは、自分へのイラつきなのです。

わたしは、一塊の肉塊の存在でしかない(これ、昔大好きだった戸川純の歌詞)。
一粒の命でしかない。されど、一粒の命の限りはやってもいいんだよ、と。

1484180318693.jpg

歴史も機械ものもとっても苦手なので四苦八苦しています。
でも、言葉は正しくないかもしれないけど、“おもしろい”。

わたしは、きっと同じ風景に立てると思います。