So-net無料ブログ作成
検索選択

呉レポ④ダイジェスト。 [呉]

6日間の呉から無事、帰京。

ほんとに濃い濃い6日間。え、マジ、たった6日!?……てほど、
ぎっしりみっちり詰まって頭もハートも足もぱんぱんです・笑。

ダイジェスト版でお届け。

今回の帰呉のそもそもの目的は、戦艦大和戦没72年追悼式。
戦艦大和が沖縄特攻で没した4月7日に毎年行われてきました。

呉海軍墓地(長迫公園)にはぜんぶで86の「墓」や「碑」があります。
大和だけでなく、日向や伊勢、比叡や矢矧、潜水艦や駆逐艦、ほか、
陸自部隊や、戦没者の慰霊、英兵水平の墓も。
その中で大和の碑は小さな広場を前にした特等席にある。
1491804635460.jpg
軍艦旗の掲揚、降納には、ラッパが鳴らされました。
きっと、72年前(それ以前から)と同じ調べなのだと思います。
市内のコーラスグループ(おばさまたち)が軍歌を捧げるのですが、
大和出航のときに艦上で皆が歌ったという「如何に狂風」が始まると、
参列者の中から急にすすり泣きが。
(正しい歌詞はいずれ改めて紹介しますが……)、敵めがけて一直線な歌詞に、
曲調が明るく勇ましいだけに胸を刺される。
二度と会えないのに君に笑顔を見せていく。

翌日8日は、沖縄特攻で大和とともに、というか、大和を護衛して
出撃し没した駆逐艦磯風の生還者、橋本武生氏(写真真ん中)の講演。
1491804411590.jpg
写真左から、駆逐艦浦風の乗組員氏、磯風の橋本氏、戦艦大和会長・廣 一志氏。
(廣会長は大和からの生還者です)すごいスリーショット
1491804521330.jpg

橋本氏は、大和、大和の姉妹艦・武蔵、航空空母信濃(大和と同型艦)と、
3隻の“断末魔”を聞き見届けた方。

信濃の「ひゅうぅぅぅ……という断末魔が聞こえまして」。

艦たちの断末魔。世界がひっくり返っであろう瞬間。
また、自身の乗った磯風の最期も「見た」とのこと。
磯風も破損がひどく航行不能になり、乗組員を救助・他艦に移してから、
味方の爆弾によって自沈させたのです。

うーん。……言葉を失う。
書こうってわたしが言葉を失っていてはダメなんですが。

一方で、市井の人々の声も聞きたいというのがこの旅のミッション。
うら若き16歳の乙女ざかりに、兵器造りの学徒動員に出たというおば様と。
1491804399642.jpg
「これまで戦争の話はできなかったの、怖くて怖くて。
20年くらい前まで夢に出てきていたしねえ」。
空襲の爆弾が目の前に落ちて、ああ!……瞬間に目覚めるのだそう。

乙女たちも兵器造りに駆り出された、女子挺身隊といった。
おば様は自分が「女子挺身隊」だったとは言葉としては言わなかったけど、
工廠が激しい空襲にやられた日に、「隣の壕で友だち7人が死んだの」。
体験談などで読んでいた女子挺身隊にまつわる悲劇そのままで。

本当に、リアルな意味で、「死体を乗り越え生きてきたの」。

やわらかな表情で語られる。

お話が聞けて本当に良かった。紹介してくれた友にも心からの感謝を。
おば様のお話、呉本に収録します。

もっといたかったけど、いまの状態で居続けたらきっとわたしがパンクする。
一回、書くなり煮るなり焼くなりしてアウトプットしとかないと。
ふわふわと最終日、灰ケ峰のベストショット見つけました。
1491804491782.jpg
山肌の中腹にちらちら白いのは、桜です。

あー、しかし。

写真下手だな、わたし。
カメラマンさん、こんど一緒に呉旅しませんか(ボランティアですが・爆!)

6日間のことがぜんぜん書き切れない。続編をゆるゆるお楽しみに!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: